QOL向上

【レビュー】Soundcore Life P3の気になるところ

Ankerの出しているワイヤレスイヤホン「Soundcore Life P3」。
ノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスイヤホンとしては安めの約9,000円で気になっている方も多いのではないでしょうか?
「そんなに安いってことは気になるところとか、悪いところとかあるんでしょ?」とか思ってしまいませんか?
実際に買って試してみたので、気になったポイントをメインにまとめてみます。

結論、気になる点は結構ありますが、初めてのワイヤレスイヤホンとして導入するのならばアリだと思います。

Soundcore Life P3の気になるところ

マルチペアリングに対応していない

購入する前にこれに気がついていませんでした。
マルチペアリングに対応していません。
つまり、1台の機器としかペアリングできません
スマホとペアリングさせている状態で、家のiPadとペアリングできません。
ペアリングをし直せばいいのですが面倒です。
今どきの製品でちゃんとしたメーカーが出しているのになぜ…。
そんなにお金のかかる機能なのだろうか?

逆に、「スマホとしか接続させないよ」という人であれば関係ないです。

ノイズキャンセリングは弱め

ノイズキャンセリング機能は付いていますが、効果は弱めに感じます。
ON/OFFしても大差ないような。
最初、ノイズキャンセリングがONになっているのかOFFになっているかわかりませんでした。
駅のホームで試してもよくわかりませんでした。
意識すればちゃんとノイズキャンセリングしてくれていることがわかりますが、期待していたほどでは有りませんでした。

しっかりと比較したわけではありませんが、TaoTronicsの有線式ノイズキャンセリングイヤホンと比較すると、Soundcore Life P3のノイズキャンセリングは弱く感じます。
TaoTronicsの場合はノイズキャンセリング機能をONにした瞬間に周囲と遮断された感覚がありますが、Soundcore Life P3の場合はそれがありません。
まぁ最近は電車に乗る機会も減ったのでいいですが、ちょっと残念です。

一瞬音声が途切れることがある

駅ナカなど、人やモノが多い場所を歩いていると音声が一瞬途切れることがあります。
頻度は高くありませんが、低くもありません。
一瞬途切れてもすぐに自動的に続きが聞こえるようになるので大した問題ではありませんが、イラッとします。
自宅などではそういったことはおきないので、ノイズの問題なのではと思われます。

誤操作しやすい

Soundcore Life P3は本体に触れることで再生・停止・スキップといった操作ができますが、無意識に耳に触った時などに誤操作してしまうことがあります
気がついたら次の曲に飛んでいる、みたいな。
自分のせいなんですが、ちょっとセンサーが過敏なように思います。
その割に操作したい時にちゃんと認識してくれなかったりすることもあり、イラッとします。

同社の他製品との違いがわかりづらい

Ankerは他にもノイズキャンセリング機能付きワイヤレスイヤホンを販売しています。
具体的には、以下のような製品があります。

基本的な機能はどれも同じように見えます。
細かいところで機能差はありますが、素人にはどのくらいの違いなのか、差額が妥当なのかが、さっぱりわかりません。
特に「Soundcore Life A2 NC」と「Soundcore Life P3」の違いは結局よくわかりませんでした。
形状が違うことはわかりますが、「Soundcore Life A2 NC」の方が1,000円高いものの何の差なのかわかりません。
なんなら「Soundcore Life P3」の方が高機能そうなのに…。
謎です。

Soundcore Life P3のいいところ

ネガティブなことばかり書いていてもしょうがないので、良かったところも書いておきます。

ノイズキャンセリング+ワイヤレスなのに安い

ノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスイヤホンとしてはお安めです。
Soundcore Life P3は大体9,000円くらいが標準価格のようです。
ただ、ノイズキャンセリングの性能からするとそんなにお得感はないような気も…。

耳にしっかり固定されるけど痛くない

スポーツをしたりするとどうなるかわかりませんが、少なくとも散歩レベルでは耳から外れて落っこちることはなさそうです
イヤーパッドも複数サイズ入っていますから、自分に合ったものを選べます。
なので耳が痛くて付けていられないということもないです。
ただ、若干の痛みはあります。
慣れかもしれませんし、まぁ許容レベルです。

マスクの付け外しの邪魔にならない

Soundcore Life P3だからという話でもないのかもしれませんが、このご時世のマスク生活の邪魔になりません
マスクを付ける時も、外す時も引っかかったりしないのでストレスがないです。
有線式イヤホンはマスクの付け外しがかなり面倒だったので、これはかなりいいポイントでした。

必要十分な音質

音質にこだわる方ではありませんが、このイヤホンは高音質な映画の音声を聞くのにも十分です。
細かな音や奥行きも聴き取れます。
アマプラの契約があるひとであれば、試しにイノセンスでも見てみてください。
こちらの作品はかなり音にこだわりをもって制作されているので、試し聞きには丁度いいと思います。

マイクの音質も必要十分

試しに友だちと通話するのに使ってみましたが、スマホ本体のマイクよりも音声がキレイだそうです。
あまり期待していなかったので、嬉しい誤算です。

バッテリーの充電が早い

イヤホンのバッテリーが切れても、ケースに入れて10分待てば約2時間分充電されます。
これは結構便利です。
長電話することもありバッテリーが切れかけたりもしますが、10分普通にスピーカーを使っておけばまた電話に使えます。
外に出ている時…、例えば新幹線で長時間使うような時も同様に便利そうです。

まとめ:とりあえずノイズキャンセリング+ワイヤレスイヤホンがほしければ買ってハズレということはない

ノイズキャンセリング機能はあまり期待できませんが、一応効いているはずです…。
そしてワイヤレスイヤホンの便利さ。
今まで有線式イヤホンを使っていた人ならば買ってみるのはありだと思います。

ただ、ノイズキャンセリング機能に期待して、普通のワイヤレスイヤホンから乗り換えるのはあまりオススメしないです…。

あと繰り返しになりますが、マルチペアリング(複数機器に接続)はできないので、その点はくれぐれも認識した上でご購入ください…。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)