漫画感想

【ネタバレ・考察】少女終末旅行の最後に残された希望を語りたい

少女終末旅行のラスト、チトとユーリは「少し寝て」お話が終わります。
結局最上層にはなにもなかったわけで、食料も底をついた二人に明るい未来は見えません。

が。

最後の数ページには希望が見て取れます。

ポイント1:二人の姿がない黒い石

最後に二人が寄りかかっていた黒い石が描かれていますが、その前には二人の姿がありません。
近くには足跡がありますが、遠くへは続いていません。
つまり、二人は歩かずに黒い石から離れたものと推測できます。

ポイント2:最上層でもなお上に続く螺旋階段

二人が登ってきた螺旋階段は最上層に達しても、まだ少しだけ上に伸びています。
この螺旋階段がアップで描かれています。
これは二人が空(宇宙)に向かっていたことを示唆しているのではないでしょうか?

ポイント3:黒い石に浮かぶ自律機械の模様

これまで出てきた自律機械には独特の模様がありました。
円と四角で描かれた模様です。
最後に二人が寄りかかっていた黒い石にはこの模様が浮かんでおり、最後にアップで描かれています。

最後の最後、二人はこの自律機械(黒い石)のおかげで地球を脱することができたのではないでしょうか?

ポイント4:麦畑に立ちすくむ二人

あとがきには麦畑に立ちすくむ二人が描かれています。
この世界の地球ではすでに動植物は絶滅していますから、地球以外のどこかということになります。
森すらも知らない二人が麦畑を知っているとは考えづらいので、二人の妄想や夢ではないのだと思います。

二人はやはり地球以外のどこか、それも自然のあるどこかの星に行くことができたのではないでしょうか?

本当の最後はわからないし、読み手に託されている

ということで、ラストには二人が助かったのではないかと思えるシーンが散りばめられています。
実際に助かったどうかはわかりません。
率直言えば、難しい状況でしょう。

それでも、二人の旅を見届けてきた読者としては、二人に幸せになってほしいいんです。
ハッピーエンドを想像させる余地が残されているのは、作者の優しさではないでしょうか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です