読書感想

「ブログの書き方講座: 個人ブログ月間100万PVの手法」の概要まとめ

ブログの書き方系の本をいろいろと読んでみています。
ちまた…というかKindle Unlimitedに溢れていますよね。

読んでみて、どれにも共通するのは、
「読み手にとって価値のある記事を書く」です。
Googleも重視している観点ですね。

この本はそのための基礎的な内容で、
わかりやすかったです。

要点

  • 読み手目線を持つ
  • 1記事に1テーマで書く
  • 結論は先に書く

読み手目線を持つ

読み手の気持ちになり、
読み手の悩みを解決するつもりで
記事を書く必要がある。
つまり、読み手にとって価値のある記事を書く

誰向けの記事なのか?の設定は重要で、
ペルソナ(具体的な読み手像)の設定も有効。

かわいい後輩に説明するつもりで、
丁寧に悩みを解決できるような記事を書くべき。

悩み探しは重要で、各種サービスを駆使して調べる。
 # Googleのサジェスト機能、GoodKeywordとか。

1記事に1テーマで書く

テーマはブレないように注意すべき。
ただし、テーマに関連する事柄は積極的に書くべし。
悩みには背景があり、潜在ニーズがあるので、
それも解決してあげられるような情報を提供する。
ブログのアクセスアップをしたいというのは、
お金を稼ぎたいという背景があるよね、的な。

結論は先に書く

ページを開いて、最初に自分が期待した情報がなければ
読み手はページを閉じてしまう。
なので、最初に結論を書くべき。
読み手のニーズを満たすことが書いてあれば、
読み進めてもらえる。

そのほか

  • 読者が「自分向けの記事だな」と感じられるような書き出しにする
  • 悩みを解決する内容が書けていないと、記事にアクセスされない
  • ライバルが多い内容ならば、勝てないので書かない

まとめ

読み手の気持ちになって書くことの重要性が強調されていました。
確かに自分にとって役立つ情報でなければ見ないわな…。

この本はわりとさくっと読めるので、オススメですよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です