読書感想

「うまいことやる習慣」を読んで気になったポイント

おばあちゃん精神科医、中村 恒子さんが寄り添って元気付けてくれる感じの本です。

  • 仕事は「やらないよりは、やる方がマシかな?」くらいでいい。
    過剰に期待しなければ、めんどくさいことが起きても、そういうこともあるだろうくらいの気持ちでいられる。
  • 逃げるときは逃げる体力・気力があるうちに逃げる。
    用意周到に逃げる。
    逃げたいというのも人生を変える原動力。
  • 何事も「自分の意思で決める」「決めた結果に責任を持つ」ことが重要。
    そうすれば、その結果で何か起きても、なんとか対処できるようになる。
  • 幸せである必要はない。
    幸せは大抵、他人と比較した結果。
  • 「こうあらねばならない」という考え方はストレスを生む。
    実はそんなんことないということが多い。
    軽く考えてみることも必要。
  • 毎日が辛いのならば、「これで上々」だと納得する方法もある。
  • つらい状況であってもそれは学びの時間でもある。
    今後同じような状況に陥っても、今ほどつらくはないはず。
    人生はなるようにしかならない。
    つらい経験にも意味があると思えば踏ん張りが効く。
  • 人生は諸行無常で思い通りにならない時期もある。
    しんどいことが続く時期がある。
    でもしんどいことが一生続くわけではない。
    人生は山あり谷あり。
    自分だけがそうなのではなくて、人生とはそういうもの。
  • しんどい時期でも立ち止まらないこと。
    立ち止まると歯車が狂ってしまう。
    日々を淡々と過ごしてやり過ごす。
    「うまくいかないけど、まあボチボチやりましょう」くらいのスタンスで臨む。
    そのうち慣れて来て、谷を抜けられる。
  • うまくいかない状況だって、うまくいっていることはたくさんある。
  • 何がそんなにしんどいのか?は自己分析した方がいい。
    原因がわかればちょっとすっきりする。
    すっきりすれば乗り越え方がわかってくる。
  • 仕事以外の時は、仕事のことは考えない。
    仕事が終わってからも仕事のことを考えるのは大きなストレス。
    今やるべきこととそうでないことを区別して切り離す。
    本当に考えなければいけないのかを自問する。
  • どうしようもできないことを考えてもどうにもならない。
    どうにもできない。
    どうにかなることは対策すればいい。
    どうにもならないことは「知らない」と決め込む。
    夜に疲れた頭で考え事をしても効率が悪いので、翌日に回す。
    どうしようもないことを延々と悩むのは毒。
  • しんどい時はそれ以上負担をかけないようにする。
    己の心と体の基盤を整える。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です