攻殻機動隊の話題

「野坂オートマタ美術館」の見どころと所要時間

伊豆高原にほど近い場所にある「野坂オートマタ美術館」さんでは、100年以上前に作られたオートマタ(機械式の人形)を見ることができます。
規模は小さめですが、なんと実演も見られるので結構貴重な体験ができます。
伊豆高原方面に行かれた際は寄ってみることをオススメします。
人形にそんなに興味がなくても興味深いと思いますよ。

実演は絶対に見るべき

100年以上前の人形が動くところを見られます。
訪問した際は4種類のオートマタの実演を見せていただけました。
所要時間は15分くらいでしょうかね。

公演時間は事前に確認しておいたほうがよさそうです。
土曜日に行きましたが、館内の上演時間案内看板には13:30の回の記載がありませんでした。
本来は土日祝日は13:30の回もあるようなのですが…?

なお、公演中は撮影禁止です。
貴重なものなのでぜひ動画で撮らせてほしいものですが…。

実演も含めると所要時間は1時間弱

施設自体は広くありません。
2階建てですが省スペースです。
でも実演があったり、ビデオ上映があったり、オートマタはいろいろと置いてあったりなので、所要時間は1時間かからないくらいでしょうか。

展示されているオートマタは大小様々で、ものによってはオートマタの隣に動いているのを撮影した動画もDVDプレイヤーで上映されています。

館内は作品保護のためか暗めなので、暗所撮影にも強いフルサイズのカメラと明るいレンズが欲しくなります。
スマホで撮影はちょっと厳しいかも…。

押井守監督作品「INNOCENCE」の取材協力もしている

こちらの野坂オートマタ美術館さんは、押井守監督作品「INNOCENCE」(GHOST IN THE SHELL 2)の取材協力もされているそうです。

劇中でキムが「人形の不気味さは何処から来るのかと言えば、それは、人形が人間の雛形であり、つまり、人間自身に他ならないからだ。人間が、簡単な仕掛けと物質に還元されてしまうのではないかと言う恐怖。」と語りますが、下記の写真を見ていてそれを感じました。

入館料

展示されているものの希少さを考えれば安い入館料だと感じました。

  • 大人:1,000円
  • 中高生:600円
  • 小学生以下:無料

駐車場は広め

駐車場は広めで、15台くらいは止められそうです。
駐車場で困ることはまずなさそうです。

入り口は少し分かりづらいので注意深く見ていく必要があります。

カフェも併設されている

自分は利用しませんでしたが、館内にはカフェも併設されています。
メニューは飲み物がメインで、あとはアイスくらいです。
食事メニューはないです。
館内を見て、ちょっと一息、という感じでしょうかね。

作品写真

せっかくなので、撮影させてもらった作品を載せておきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)