アニメ感想

攻殻SAC 18話「暗殺の二重奏」でユウはなぜわざわざわ精密狙撃銃を用意したのか?

辻崎は「最も確実な暗殺手段、それは退路を考えず標的の傍らに近づく事」と考えていて、実際に刺殺を試みるわけなので、精密狙撃銃は必要なかったわけです。
なぜ精密狙撃銃を準備したのか?
そんなものを準備しなければアシもつかなかったのに…。
だいたい、練習もなしに狙撃による暗殺を成功させられる可能性は低いので、もとから使う気はなかったはずです。

となると、精密狙撃銃を用意することで狙撃を警戒させて警備体制を分散させるのが目的だったのかも?
それ以外には理由は思いつきませんでした…。
でもそれならわざわざ銃を組み立てたり、弾丸を作成したり、実際に持ち出したりする必要性はないような…。

まぁあの状態のユウがどこまで合理的な判断ができたのかもわかりませんが…。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)