オタク系の話題

【感想】攻殻機動隊 THE HUMAN ALGORITHMはSAC感があって面白い(ネタバレなし)

知らぬ間に攻殻機動隊の新しい漫画が始まっていました。
「攻殻機動隊 THE HUMAN ALGORITHM」です。
士郎正宗の原作攻殻機動隊 1.5巻の続き、という触れ込みになっていますがどんなものか?
1.5巻のような短編集的な感じは好きだし、そもそも原作の緻密な世界設定とかも好きだし、脚本はSACも担当していた藤咲淳一なのでハズレってことはないだろう、ということで買ってみました。

原作攻殻機動隊1.5巻とSACシリーズを足して2で割った感

まず、1.5の続編だと思うとがっかりすると思います。
バトーが素子LOVEだったり、トグサがマテバを使っていたり、荒巻が「課長」だったり、荒巻の執務室のデザインだったりはStand Alone Comprex(SAC)シリーズの設定です。
でももちろん、原作の設定も入っていています。
SACシリーズっぽいけど、これまでのどの攻殻シリーズにも属さない新しい物語だと思っておけば良さそうです。
ギャグのノリは原作っぽいですね。
自分はSACが好きなので、受け入れられましたが、原作好きの方にしたら残念では。

絵柄は発展途上だけど、悪くない

作画は最初の方は違和感が強かったです。
何がどうなったのかがわかりづらいという、漫画として基本的な部分が気になりました。
でも読み進めていくうちに段々違和感はなくなりました。
最初だけ試し読みして切り捨てるのはもったいないと思います。

話は続きが気になる面白さ

脚本がSACシリーズも担当した藤咲淳一だからでしょうか、話が面白くて引き込まれます。
このあとどうなっていくんだろうかと楽しみ。

まとめ:攻殻SAC好きにはオススメ

1.5巻の続きだとか思わず、これまでの攻殻シリーズのどれでもない、また別の攻殻シリーズなんだなと思って読むのがいいと思います。
そしてSACシリーズが好きな方は、結構好きなんじゃないかと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です