投資

初心者は日本株に手を出すべきでない。日本株は玄人向け市場だ。

株初心者は身近な日本株に手を出しがちですが、これはやめたほうがいいと思います。
自分は日本の個別株に手を出してボコボコにされました。
「なぜ日本株に手を出さないほうがいいのか?」と、「ではどこに投資すべきか?」を書いてみます。

なぜ日本株には手を出さないほうがいいのか?

そもそも右肩上がりの相場ではない

そもそも日本の株価は右肩上がりではありません。
上がったり下がったりです。

Google検索より

日本株は上下するので、下がっている時に買って、上がっている時に売れば儲かります。
でもそれって初心者にはわかりません。
株価が下がってきていたもまだまだ下がるかもしれないし、株価が上がってきてもまだまだ上がるかもしれません。
適切なタイミングでの売買は初心者には不可能です。
日本株は玄人向けの相場なのです。

米国の煽りを受けやすい

日経平均を見ていると順調に上がってきているなと思っても、米国の方でダウ平均が下がると日経平均も下がりがちです。
かといってダウ平均が上がっても日経平均が追従するかというと、そうでもないのです。
下がる時だけ下がって、上がらないのです。

日経平均ETFならばまだマシ

なお、日経平均ETFにすれば値動きは多少マイルドになります。
米国の政治やら経済の状況を見てダウ平均が下げそうであれば、日経平均ETFを空売りしたりするような作戦もありえます。
ただし、個別株はやめたほうがいいです。
個別株は日本も米国も同じくリスクは高くなりますが、日本の個別株の場合は前述の日経平均と同じく株価が右肩上がりでないケースが多いです。

どんなに業績が良くてもダウ平均の状況次第で株価が下がったりします。
機関投資家などにより株価をコントロールされたりもするので、とても初心者の手に負えるものではありません。
自分は空売りを仕掛けてヤケドしました…。

初心者には米国株の積立投資がオススメ

米国株は右肩上がり

米国株の場合、右肩上がりです。

Google検索より

なのでコツコツと積み立てていけば資産が増えていきます。
当然、短期的に見れば下がる場合もありますが、長期的な目線で見れば上がると言えます。
若い人が老後の資金を作る目的なのであればリスクが低いです。
平均利回りは7%くらいだとか。

米国に不安があるならば、全世界に投資できるETF・投資信託もありますから、考えに応じてそちらを積み立てるのもいいでしょう。
パフォーマンス的には米国株オンリーのほうが優れていますが…。

自分の場合はVTI積立+VTI短期売買

米国株に広く投資できるVTIというETFがあります。
最近は日本の投資信託でも買い付けることができます。
自分の場合、VTIを7万円ほど積立投資しています。
こちらは数十年先を見据えているので、短期的な価格の上下は気にしていません。

とはいえ積立だけではつまらないので、VTIの短期売買もしています。
米国とはいえ個別株は怖いので、分散投資できるVTIを売買するわけです。
最近では米中貿易摩擦などでダウ平均が上下しています。
大きく下げた時にすかさず買い付けて、上がってきたら売っています。
万が一下がったままになっても数年後には戻るかなと思っているので、精神的に楽です。

今年は2月の調整の際に買い付けて、年末で結構上がって来て10%以上儲けました。

まとめ

ということで、無難な投資をしたければ日本株には手を出さないほうがいいです。
米国株がオススメです。

※ 投資は自己責任で

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です