アニメ感想

【ネタバレ有】映画すみっコぐらしのあらすじと感想。噂ほどではなかったような?

Twitterを見ていたら、「すみっコぐらしの映画が感慨深い」「泣ける」「大人でも見るべき」みたいな感想が流れて来たので気になっていました。
「すみっコぐらしはゆるキャラでぬいぐるみとかになってるあれでしょ?」くらいの認識だったので、何をどうしたら心揺さぶられる感じに仕上がるのか気になったわけです。

本記事では、「すみっコぐらしの映画が話題で気にはなるけど、見に行くまでではないかな?」くらいの人向けに、どんな話だったのか、実際に見てみてどうだったのか、をまとめたいと思います。

【公式サイト】映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ

※ ここからは映画すみっコぐらしのネタバレを含みます。

あらすじ(ネタバレ有)

あらすじを簡単にまとめます。

すみっコぐらしの仲間たちは仲良しです。
すみっコぐらしの仲間たちがとびだす絵本の中に入って、絵本の中でヒヨコに出会います。
ヒヨコには仲間がおらず、寂しい様子。
みんなはヒヨコの仲間を探しながら、絵本の中を旅します。
絵本の中には、桃太郎の世界やマッチ売りの少女の世界、赤頭巾の世界など、様々な世界が広がっており、それらの世界を転々とすることになります。
しかしヒヨコの仲間は見つかりません。

実はヒヨコは絵本の空白のページに描かれた落書きであり、元から絵本の世界に仲間はいなかったのです。
すみっコぐらしの仲間たちは、ヒヨコも自分たちの仲間として招き入れます。

そして絵本の外へと出られる光の穴が現れます。
しかしヒヨコは絵本の中から出ることができないことがわかりました。
自分のことはいいから外へ帰れというヒヨコ。
光の穴は徐々に小さくなっていくため、すみっコぐらしの面々はヒヨコを置いて泣く泣く脱出します。

ひとりぼっちに戻ってしまったヒヨコですが、外に出られたすみっコぐらしの仲間たちが空白のページにヒヨコの仲間を描き加えてくれたので、絵本の中で仲間と楽しく暮らせました。
おしまい。

みたいな感じです。

感想:そんなに持ち上げるほどの内容か?

話はいい話だと思います。
心温まる話です。
特にエンディングでは、エンディングテーマが流れる中、ヒヨコが絵本の中で仲良く暮らす様が描かれており、グッと来ます。
優しい曲が心に沁みます。

しかしTwitterでは持ち上げられすぎなように感じました。
そこまでいい話だったろうか?
子供向けアニメとしての良作だとは思うけども。

話自体も序盤から中盤にかけてダレて来てしまい、隣で見ていた子供さんは飽き気味でした。
終盤に怒涛のどんでん返しやら感動展開があるわけでもなく、盛り上がりにかけるような。

もしかしたら深い考察ができるのかもしれないし、感受性が豊かならばもっと心を揺さぶられるのかもしれませんから、見る側を選ぶ作品なのかもしれません。

実際に見た方がいいのか?

すみっコぐらしに興味のない大人はわざわざ見なくてもいいと思います。

すみっコぐらしを知らなくても大丈夫か?

本作はすみっコぐらしなにそれ?な人でも見られます。
登場するキャラクターについては、冒頭で紹介がありますので大丈夫です。
各キャラクターもキャラ付けがわかりやすく、混乱することはありませんでした。

見にいくのなら、多少うるさいのは覚悟しよう

基本は子供向けの映画なので、お客さんは小さいお子さん多めになります。
騒がしいですが、そこは子供向け映画を見に来ているのだから我慢すべきだと思います。
どうしても気になるのならば、遅い時間帯の枠で見るとかですかね。

見るのならばエンディングテーマもちゃんと見よう

アニメ映画を見る人ならば大丈夫だとは思いますが、本作はちゃんとエンディングテーマが終わるまで見るべきです。
前述の通り、エンディングがいい感じなのです。
見ないと損をします。

小ネタ

機動戦士ガンダム逆襲のシャアを彷彿とさせる

終盤、上の方にある光の穴に脱出するために塔を作るのですが、その塔が崩れかけます。
それをヒヨコが支えてくれて、すみっコぐらしの面々を脱出させようとするのです。

んー、見たことある。
逆襲のシャアで見たことあるやつだこれ。
ヒヨコがνガンダム(アムロ)に見えました。

しかしそれでも崩れそうな塔。
そこへ今まで出会った絵本の住人たちが現れて一緒に支えてくれます。
ジェガンとかギラ・ドーガですよね?(ぇ

アクシズショックは起きませんでしたが、塔は崩れずに済みましたとさ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です