腕時計

セイコー プロスペックス ダイバースキューバ (SBDC033)はシックで落ち着いたダイバース機械式腕時計

SBDC033はSEIKOのダイバースウォッチです。
前から気になっていたんですが、近々廃盤とのことなので、買ってみました。

気に入っているところ

大きすぎず重すぎずなちょうど良さ

ダイバースウォッチって、大きくて重いイメージです。
腕が細いのでそういうのは全く似合わないんですが、
このSBDC033は大きすぎず重すぎず、ちょうどいい塩梅です。
スペック的には、ケースサイズ直径45mm、重量183gです。

自分の腕の太さに合っているかどうか、
他人から見たらどうかはわかりませんが、
自分で見て違和感がないからいいことにしてます。(笑

重さは重いですが、外したくなるほどではなく、心地よい範囲だと思います。

シックな色合い

ベゼル、文字盤ともにネイビーです。
明るくなく、黒に近いので、地味です。
これくらいならビジネスシーンでも使えます。
品の良さがあって結構好きです。

竜頭が4時の位置にあって、気にならない

普通竜頭は3時の位置にあるので、手の甲に竜頭があたることがありますが、
SBDC033は4時のいちにあるのであまりあたりません。
自分の場合、MT車を運転するのでシフトチェンジの際に竜頭があたるのが気になるのですが、
このSBDC033はそういうことがないのでいいですね。

気になるところ

ベルトが安っぽい

なんかネットでレビューを見ていると、「ベルトが安っぽい」と
書いてあることが多かったです。
「そんな大げさな」と思っていましたが、実際に見てみると確かに安っぽいです。

バンドの中央と左右とが一体パーツになっているのが原因です。
境目にモールドを彫ったりすれば高級感出そうなんですが…。

でもまぁ遠目に見たらわからないので、いいことにします。

交換したい場合、タイコノートに専用のベルトがあるようですよ。

バックルも安っぽい

バックルも安っぽいです。
ベルトにはヘアラインが入っていて高級感を演出していますが、
バックルはステンレスそのままです。
猛烈に安っぽい…。

まぁこちらも人目につくところでもないし、我慢我慢…。

でも前述の件もあるし、ベルトは交換したほうが満足度高いのかもしれませんね。

まとめ

気になる部分もありますが、お上品な感じで気に入っています。
主に休日に付けていこうかなぁ。

実売4万円くらいなので高すぎず、ちょうどいい感じだと思います。
 # 腕時計は沼なので、ここくらいで踏みとどまるのが吉だと思うの…。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です