雑記

30代ともなると、同期の結婚率が上がる

この前までは、ほとんど独身だったんですけどね。
30歳過ぎたらどんどん結婚して行ってるような。
若さという価値は年々目減りするので、結婚するなら早く動いた方がいいんです。
特に自分みたいにいいところないタイプは。
でも現状生きていけてるし、面倒ごとは増やしたくないし、自分の時間は減らしたくないし、で、現状維持という。
このままだと独身街道まっしぐらなんですけど、別にそれも嫌ではないという。
大きな病気とか怪我とかすると、結婚していなかったことを後悔したりするんでしょうけどね。

うちの会社は奥手なタイプが多くて、お見合いサービス利用者が多かったりします。
身の回りの人たちは結構それで結婚している。
で、幸せそう。
自分もお見合いサービスを使えばどうにかなるのではないかと勝手に期待していて、それと同時に油断しているわけです。
そして判断を先延ばしにしていくわけです。
よくない。
独身フラグが立っている。

仕事がつらいから、独りよりも二人の方がいろいろといい気はしているんですけどね。
精神的にも経済的にも。
精神的に頼りすぎると共倒れしそうだからなんともですが、2馬力なのは強いと思うのです。
万が一、どちらかが働けなくなっても、どうにか生きていけると思えたら、だいぶ楽な気がするんですよねぇ。
そう思うなら婚活進めろよって話なんですけど。
それでパーッと行動できていれば、人生こんなに苦労していないという。

まぁうだうだ言うのはいいんだけど、ちゃんと結論を出しておくべきなんだよなぁ。
一生独り身を覚悟して貫くならいいけど、そうでもないのになあなあでそうなるのはよろしくないと思うの。
でもね。
結論は先送りなの。
そういうダメ人間なの。ハハッ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です